Home
  • 健康保険の各種手続き
  • 健康づくりのための事業
  • 申請書類一覧
  • 機関誌バックナンバー
  • Web健康相談室
  • ハピルス健康ポータル
  • 働く人のメンタルヘルスポータルサイト「こころの耳」
  • 健康保険のしくみ
  • 介護保険のしくみ
  • リンク集
  • 事業所担当者コーナー

各種健診(検診)・疾病予防

定期健康診断(法定外項目)

被保険者を対象に実施しています。

各事業所の担当者がまとめて健保組合に申請を行います。

種目 事業内容 費用負担
胃X線検査 希望者を対象に胃のX線検査 8千円まで健保負担
尿酸検査 血液検査の対象者 全額健保負担
婦人科検診 希望者を対象。子宮がん・乳がんの検査 各5千円まで健保負担
受診時40歳以上でマンモグラフィー、エコー検査両方受診した場合1万円まで健保負担
便潜血反応検査 希望者を対象。大腸がん等の検査 全額健保負担
前立腺検査 50歳以上の希望者を対象。PSA血液検査 3千円まで健保負担

人間ドック・すこやか健診

特定健診・特定保健指導

対象者 被保険者および被扶養者(任意継続被保険者含む)
内容 【対象】40歳以上(年度末3/31時点での年齢)
【主な検査項目】定められた特定健診項目
申請方法 特定健診契約健診機関へ受診者が直接予約。受診券と保険証を持参の上、受診。
費用負担 被扶養者(任意継続被保険者含む)は定められた特定健診項目は全額健保負担。個人の窓口負担なし

特定健診の制度では、加入者の皆さんの特定健診の結果及び問診結果は保険者であるレナウングループ健保組合へ提出されます。

人間ドック及び被保険者(任継者除く)が会社の定期健診を受けると、特定健診を受診したことになります。

婦人科検診

対象者 被保険者および被扶養者(任意継続被保険者含む)
内容 人間ドック受診時にオプションで婦人科検診または医療機関で単独で婦人科検診を受けた方(年齢制限なし)
【主な検査項目】子宮がん・乳がんの検査
申請方法 ①人間ドック受診時にオプションとして受けた場合
ドック料金と共に指定施設から直接健保組合へ請求されます。
②単独で受診の場合
健診機関へ受診者が直接予約し受診。受診後「健診(検診)費用補助金請求書」を記入。領収証、検診結果を添付の上健保組合に提出。
費用負担 各5千円まで健保負担
受診時40歳以上でマンモグラフィー、エコー検査両方受診した場合 1万円まで健保負担

前立腺検診

対象者 被保険者および被扶養者(任意継続被保険者含む)
内容 人間ドック受診時にオプションで前立腺検査または健診機関で単独に前立腺検査を受けた方(受診日に50歳以上の方が対象)
申請方法 ①人間ドック受診時にオプションとして受けた場合
ドック料金と共に指定施設から直接健保組合へ請求されます。
②単独で受診の場合
健診機関へ受診者が直接予約し受診。受診後「健診(検診)費用補助金請求書」を記入。領収証、検診結果を添付の上健保組合に提出。
費用負担 3千円まで健保負担

インフルエンザ予防接種

その他の疾病予防事業

種目 対象者 事業内容
事業所別
補助金
被保険者 組合が承認した疾病予防事業を実施した事業所に対し支給。健康増進のための栄養指導など。10分の8以内を健保負担。
健康・医療相談 被保険者
家族
心身の健康や医療に関する無料電話相談サービス事業。電話相談・面談によるカウンセリング(年5回)無料。
TEL0120-07-86-24
多発傷病
対策
被保険者 機関誌「Healthy Style」発行時(春と秋)に家庭常備薬の斡旋販売
「家庭用常備薬等のあっせん」ページをご覧ください。
歯の健康
対策
被保険者
被扶養者
機関誌「Healthy Style」・パンフレット等による予防のPR
ページトップへ